Ruby12ぱーせんと

技術的なことは少しだけ書けたらそれでいい

悪意のある引用RT行う者は卑怯者であると主張する理由

私は以前から、悪意のある引用RTを飛ばしてくるやつは本当に卑怯な奴らだなと思っていた。めっちゃ嫌い。
なぜ卑怯か?それは、奴らは拡散を建前に好き放題の文句を引用元ツイート主に伝えるから。
奴らは、引用元ツイート主に反感を直接言う度胸がないため、引用RTを利用する。
しかも、もし引用元ツイート主に反論でもされた日には「いや、拡散してるだけなんで(笑)」と主張できる。
彼らは逃げ道を残しつつ、言葉の暴力を振るうことができる。
言いたいことあんなら「クソリプ」と言われることにビビらず、正々堂々リプライでいけや!

でも、この前友人と話していて気付いたんだけど、この主張が納得できない人もいる。
そういう人に向けてこの記事を書いていこうと思う。

そもそも、この主張というのは悪意のある引用RTを行う人が「引用RTは本人に届く」と知っていることと「悪意がある」ことが前提である。
私はその前提ぐらいは分かっているはず、と決めつけていたんだけど、まあもしかしたら分かっていない人もいるかもしれないから噛み砕いて説明する。

 

引用RTは引用元ツイート主に届く

twitter初心者なら知らないのかもしれない。そう、引用RTは本人に届きます。あなたが引用RTにつけたコメントも本人に届きます。
ね?気付いた?やばいよね!顔を真っ青にしちゃうよね!大丈夫大丈夫!今日から悪意の引用RTはやめてけば大丈夫!
もう二度とやらないでね!
それで、もう分かったと思うけど引用RTが引用元ツイート主に届く以上、引用RTは拡散だけの機能じゃないのです。
引用RTはリプライの側面も持ち合わせている。

あなたがどんだけ「拡散の意味で使ってる」と主張しても、本人に届くという事実がある限り、拡散だけの機能ではない。

それを知っててほしい。
リプライとは返信って意味ですよね。
つまり、それは会話がもうそこで始まってるわけ!


悪意があるかどうか

これは、とても難しい話である。
悪意があるかどうかなんて、本人にしか分からないから正直なんとでも言える。
悪意があった?と聞いた時、恐らく一番多いのは「ツイートに対して意見を言っただけなんで(笑)」という逃げ方。
でも、そこに悪意があったかどうかなんて自分で分かってるでしょ?
もし分かんなかったら、友達皆無でしょ。友達がいる限り分かるでしょ。もしくは社会で生きてたら分かるでしょ。

相手が不快に感じる言い方かどうかぐらい想像できるでしょ。

まあでも、もしかしたら分かんない奴もいるかもしれないから、教えてあげるしかない。

引用RTを使う時っていうのは、ツイートに対して何らかの感想を抱いた時だと思うけど、感想は大きくわけて「共感」か「反感」になると思う。
基本的に共感されたいと考えている人は多い。
で、リプライは会話の始まりって上で言ったでしょ?
会話っていうのは価値観の交換。ぶつけ合いって言ってもいいかもね。
共感は価値観の肯定だし、反感は価値観の否定。
価値観っていうのは、その人が人生で経験や影響により作り上げてきた感覚。結構大切なもの。
だから、反感、つまり反対意見を他人に言う時っていうのは、相手の価値観を拒否する行為だからそれなりに慎重にやらないといけない。
相手の価値観を尊重しながら。それが出来なくても、せめて「敬語」ぐらいは使おう。
それが出来ているなら、悪意はないと言える。


引用RTが便利だから使ってるだけと主張する人へ

twitterではツイートに対して感想を言う時「公式RT+コメント」という方法か「引用RT」という方法がある。
あなたがいつ何時でもツイートに対して感想を言う場合は「引用RT」という方法を取っているのなら、確かにあなたは卑怯ではないと思う。
でも「公式RT+コメント」も使う時もあるよ~って人は、やっぱわざわざ本人に届く機能を使うってことは、本人に届けたいって気持ちがあるでしょ。
ただ、いつ何時でも「引用RT」を使う派の人も卑怯ではないかもしれないけど、悪意があるときはちょっと控えてくれ。
本人が不快になる可能性があるのに便利さを優先するっていう行為は、優しくない。
ツールの向こう側には生きた人間がいるということを忘れないで。


引用RTは晒しあげのため使ってると主張する人へ

これはそれなりにフォロワーがいる人しかできない方法。
あなたのフォロワーはあなたの信者に溢れあなたを守ってくれるから、あなたはあなたの力を使わず悪意をぶつけられるもんね!
信者が攻撃してくれるもんね!別の方向に卑怯なだけでしたね!


まとめ

ということで、悪意のある引用RTを行う奴らは卑怯である。
大前提として私は悪意のない引用RTに対しては、何も思いません。便利だな~としか思いません。
まあ引用RTそのものが嫌いって言う人も結構いるよね……。あれは多分馴れ馴れしく話しかけてくんな!って感じじゃない?知らんけど。
悪意のある引用RTをやってくる奴らに対して、どう対応したらいいんだよって考えた挙句「卑怯な行為だと教えてあげる」という結論に行きつきました。
もし悪意のある引用RTが卑怯じゃないと主張する理由が他にもありましたら、教えてください。